愛知県で弁護士に相談したくなったらまずどうすべきか

借金1

法律が関わるような事件に巻き込まれたり、トラブルが発生したりしたときなどには弁護士に相談したいと思う場合があります。愛知県で相談先を探したいと思ったら、どのような手順で探したら良いのでしょうか。特に、弁護士に相談するのが初めての人は費用が気にかかるかもしれません。

その点も念頭に置いて、まずは何をすべきかを考えてみましょう。

弁護士に相談すべき内容なのかを確認しよう

弁護士に相談して解決してもらいたい問題が発生したときに、まず気をつけておきたいのが本当に弁護士に話すのが最適かという点です。日常生活の中で発生するトラブルは実は他の専門機関に問い合わせた方が良い場合もあります。

例えば、消費者被害に遭ってしまったときに、真っ先に相談すべきは弁護士よりもむしろ消費者センターでしょう。仕事をしていて残業代が支払われずに悩んでいるような場合にも弁護士が対応策を考えてくれますが、社会保険労務士に相談した方がより良い形で対策してくれる可能性があります。

税金に関わる問題も弁護士の仕事の範疇です。しかし、法的に正しく納税や確定申告をするための助言はできるものの、節税のためにどうしたら良いかといったアドバイスなら税理士の方が長けているのは確かです。弁護士は基本的にはあらゆる法律に関わる問題の相談に応じてくれます。

しかし、他にもっと良い専門家がいる可能性もあるため、本当に弁護士に相談すれば良いのかをまず考えてみるのが大切なのです。

愛知県弁護士会にまず相談してみよう

やはりこの問題は弁護士に相談すべきだと考えたら、愛知県弁護士会にまずは連絡をしてみましょう。愛知県内で唯一の弁護士会で、資格を持っていて県内で活動している弁護士なら大抵は会員になって活動に関わっています。

どこの法律事務所に相談するのが良いかわからないと悩んだときに意見を求める先として最も適しているでしょう。愛知県弁護士会では県内の各地に法律相談センターを用意しています。名古屋や三の丸、一宮や岡崎、豊橋などの主要な都市に法律相談センターがあり、様々な内容の相談を持ちかけることが可能です。

不動産や金銭をめぐる争い事や、相続や離婚などの家庭にかかる問題、消費者被害や交通事故などが代表的なものです。他にも、詐欺や強盗などの犯罪の被害者になってしまったときや人権を侵害されたとき、労働問題に悩まされているときなど、様々な案件について相談する窓口となってくれます。

名古屋、三の丸、半田の法律相談センターではWEB上で予約をして相談に行くことが可能です。また、まずは電話で相談したいという人も最寄りの法律相談センターに転送してもらえる共通の電話番号があります。愛知県弁護士会に頼れば、とりあえず話を聞いてもらい、必要に応じて専門機関を紹介してもらうことが可能です。

相談先で困ったときには最初に話を持ちかけてみましょう。

相談の流れを確認しておこう

愛知県弁護士会に相談するときには全体的な流れを知っておくことが大切です。まずは、電話からが良いという場合には電話で相談し、確かに弁護士が取り扱うような問題に悩まされている状況なのかを確認しましょう。

基本的にはその場で弁護士に本格的に動いてもらうことはできませんが、簡単なアドバイスをもらって問題の解決に挑めることもあります。やはり、弁護士にもっと詳しく相談して対処してもらいたいと思ったら、法律相談センターに行くことになります。

そして、相談したい内容に応じて専門性のある弁護士に担当してもらい、悩んでいる内容を詳しく説明します。その内容から判断して担当弁護士が解決策を提案し、問題が解決するまでの流れと、弁護士費用について説明を受けるのが通例です。

その内容に納得して正式に依頼したいということになると、契約書を交わすことになります。もし、内容に納得できないなら、他の弁護士に切り替えてもらうことも可能です。セカンドオピニオンを求めることもできるので、担当になった弁護士に異議があるようなときにも心配はありません。

そして、契約に従って弁護士に仕事をしてもらい、問題を解決に導くというのが通常の流れです。

無料相談を活用してみよう

愛知県弁護士会の法律相談センターでは内容によっては無料で相談を受け付けてくれます。

実際に弁護士に調査などをしてもらうためには費用がかかりますが、実は弁護士に相談しなければならないと思っているような問題はアドバイスだけで解決することも多いのです。愛知県弁護士会が無料相談を受け付けている内容は七種類に分類されています。

サラ金やクレジットカードに関する被害、交通事故、離婚、犯罪被害、女性に対する暴力、子どもの人権、高齢者や障害者の問題です。離婚に関しては初回のみ無料で対応してもらえます。他のものについても内容によっては費用が発生するので注意しましょう。

このようなサービスは愛知県にある多くの法律事務所でも行っていて、初回の相談の時点で費用がかかることはあまりありません。まずは、相談してみるというスタンスを持っていた方が賢明でしょう。

近くの法律事務所に連絡してみるのも良い方法

近くには法律相談センターがないという人は相談に行くのも大変だと感じるかもしれません。正式に依頼した後も、電話だけではなかなか話が進まずに何度も直接弁護士と会わなければならないこともあります。近くに法律事務所があるならまずは連絡してみるのも良いと言えるでしょう。

契約後に様々なやり取りをする上で、近くに法律事務所があるのはとても便利です。確かに愛知県弁護士会に頼った方が失敗はないと考えられますが、地域をよく理解している弁護士に出会える可能性もあります。電話連絡も受け付けている法律事務所が多いので、まずは電話で相談してみるのが無難でしょう。

確かに信頼できそうな様子だと感じられたら、日程を調整して訪問し、具体的にどのような対応を提案してくれるかを聞いてみるという流れで相談を持ちかけるのが賢明です。近くの法律事務所に相談するときには気をつけておいた方が良い点もあります。

必ずしも弁護士はあらゆる問題に対して適切な対応を取れるわけではありません。得意分野が必ずあるので、自分が関わっている問題が得意分野の弁護士に相談するのが肝心です。法律事務所の宣伝広告などを参照して何が得意なのかを確認した上で連絡するかを決めましょう。

参考サイト(弁護士無料相談所)